2014年07月02日

視聴アニメ一覧(2014年7月放送開始作品)

2014年7月放送開始のアニメのうち、自分の視聴作品を一覧にまとめました(視聴候補全作品のリストはこちら)。
視聴するのは深夜アニメが中心で、朝や夕方などに放送される作品は基本的に視聴していません。

2014年12月25日更新終了
■更新内容
(1)Final Impressionを追加
 ・ヤマノススメ セカンドシーズン

評価スコア期待度/Impression
5最高! Very High特大/文句なしに最高!
4結構いいかも High大きい/なかなか良かった
3まぁまぁ Medium普通/普通だった
2いまいち Low小さい/いまいちだった
1なんだかなぁ Very Low(見ない)/絶望した


日曜日

人生相談テレビアニメーション「人生」
放送済み13話[放送終了]
視聴局TOKYO MX
放送開始2014/7/6夜通常放送時間22:00
放送終了2014/9/28夜
評価「人生相談テレビアニメーション「人生」」の評価(1クール)
最高:3、最低:2
全話平均:2.92308
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13
公式サイトhttp://www.vap.co.jp/jinsei/
視聴前の期待度Medium シチュエーションコメディでしょうか? よくわからないけどちょっと変わっていて面白そうなので視聴してみます。
First ImpressionMedium 第1話では3つの悩みに答えていましたが、それぞれ見せ方を工夫していたのでワンパターンという感じはしなかったです。笑いのネタは他愛ないものばかりだったものの、各キャラの個性がきっちり出ていてわりと楽しめました。全体的な印象は弱かったですが、同じようなユルいスタートで途中から大化けした『GJ部』や『帰宅部活動記録』なんて作品もあるので、今後に期待です。
Final ImpressionLow 人生相談をする場面でもっと会話劇を楽しめることを期待したのですが、残念ながらそういうものはほとんどなかったです。逆に、終盤にかけてストーリー性の高い内容になっていきましたが、これがあまり魅力的ではなかったのでストーリー物としてもいまいちでした。安易にハーレム展開に持ち込まずに各キャラを描ききったのは好感が持てますが、特にこれといったものがなくて期待したほど楽しめなかったです。


さばげぶっ!
放送済み12話[放送終了]
視聴局TOKYO MX
放送開始2014/7/6夜
(2014/6/29 23:00~ 「さばげぶっ!」&「スペース☆ダンディ」合同特番あり(さばげぶっ!&スペース☆ダンディ アワー ~今夜はWコメディでいくじゃんよっ!~))
通常放送時間22:30
放送終了2014/9/21夜
評価「さばげぶっ!」の評価(1クール)
最高:4、最低:3
全話平均:3.25
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12
公式サイトhttp://sabagebu.com/
視聴前の期待度Medium 放送直前特番を観たらギャグが楽しそうだったので視聴してみます。
First ImpressionMedium ギャグの仕込み方やナレーションの使い方、それにサバゲシーンの割り切った演出など、視聴者に楽しんでもらうことを念頭に置いてしっかり作りこまれているようで、けっこう印象のいいスタートとなりました。園川モモカと鳳美煌以外のメインキャラの立ち位置をもう少し明確にしてほしかった気もしますが、作品の“色”は明確に打ち出されていて、今後の展開にも期待させてくれるいいスタートだったと思います。
Final ImpressionMedium ストーリーと演出のマッチングが絶妙だったことに加え、園川モモカのゲスさがうまい具合にギャグに昇華されていたので、毎回笑いが絶えませんでした。また、映画やドラマのパロディが多かったことも個人的にかなりツボでした。あえて言ってしまうと、モモカのゲスさに頼り過ぎて笑いの幅が狭まっていたと言えなくもありませんが、それを抜きにしてもギャグアニメとしての完成度はなかなか高かったと思います。


スペース☆ダンディ シーズン2
放送済み13(26)話[放送終了]
視聴局TOKYO MX
放送開始2014/7/6夜
(2014/6/29 23:00~ 「さばげぶっ!」&「スペース☆ダンディ」合同特番あり(さばげぶっ!&スペース☆ダンディ アワー ~今夜はWコメディでいくじゃんよっ!~))
通常放送時間23:00
放送終了2014/9/28夜
評価「スペース☆ダンディ シーズン2」の評価(1クール)
最高:4、最低:3
全話平均:3.46154
各話感想#14(1) #15(2) #16(3) #17(4) #18(5) #19(6) #20(7) #21(8) #22(9) #23(10) #24(11) #25(12) #26(13)
公式サイトhttp://space-dandy.com/
視聴前の期待度Medium 1期は不満点もありましたが、それ以上に毎話バラエティーに富んだ破天荒なストーリーがけっこう楽しかったです。今期はさらにパワーアップすることを期待して視聴決定です。
First ImpressionMedium この作品らしいとでもいうのか、なんともカオスな内容でした。基本的に視聴者に頭を使わせたらダメなタイプの作品だと思うので、第1話のような感じで突っ走ってくれると今期も楽しめるかもしれません。しっとり感動エピソードはあってもいいと思いますが、間違ってもアート性を出さないでほしいです。
Final ImpressionHigh どのエピソードも1期以上に「まじめなバカさ」に徹していて、ストーリーはもちろん映像面でも毎回引き込まれる内容になっていました。また、各エピソードに合わせて作られたセンスの良い楽曲の数々も出来が良かったと思います。アニメーションの楽しさを改めて感じさせてくれた良質なシリーズでした。


月刊少女野崎くん
放送済み12話[放送終了]
視聴局テレビ東京
放送開始2014/7/6深夜通常放送時間25:05(第1話は25:10)
放送終了2014/9/21深夜
評価「月刊少女野崎くん」の評価(1クール)
最高:5、最低:3
全話平均:3.83333
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12
公式サイトhttp://nozakikun.tv/
視聴前の期待度Very Low 興味はあったのですが、視聴本数の都合で観ないつもりでした。
First ImpressionHigh でも余裕があったので様子見してみたら大当たりでした。主人公の2人が個性的で魅力があり、ギャグもすごく自分好みでした。野崎梅太郎の朴念仁っぷりと佐倉千代の少女っぽさの組み合わせがベタだけどすごく面白かったです。今後メインキャラが何人か増えるようなので、どんな絡みを見せてくれるのか楽しみです。
Final ImpressionHigh 野崎梅太郎があの性格でどうして大人気作家になりえたのかという最大の疑問は最後まで消えなかった(というか話が進むにつれ疑問が大きくなっていった)ものの、佐倉千代をはじめとして、中盤まで毎回のように登場する新キャラたちのキャラ立てがうまく、毎回とても楽しいコメディが繰り広げられました。思い込みの激しいキャラや勘違いに振り回されるキャラたちの台詞一つ一つが秀逸で、最近のコメディアニメの中ではトップクラスの楽しさだったと思います。視聴して大正解でした。最終話のまとめ方も後味が良く素晴らしかったです。


闇芝居 第2期
放送済み13話[放送終了]
視聴局テレビ東京
放送開始2014/7/6深夜通常放送時間26:35(第1話は26:40)
放送終了2014/9/28深夜
評価「闇芝居 第2期」の評価(1クール)
最高:4、最低:2
全話平均:3.07692
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13
公式サイトhttp://www.tv-tokyo.co.jp/anime/yamishibai/sp/
視聴前の期待度Medium 今期はどこまで怖がらせてくれるのかちょっとだけ期待してます。
First ImpressionMedium 第1話はちょっと置いてきぼり感があってあまり怖くなかったです。独特な空気感は1期と変わらず良かったし、シリーズ全体で2、3本当たりがあればラッキーくらいに思っているので、今後のエピソードに期待したいと思います。
Final ImpressionMedium 「えっ、どういうこと?」となってしまうエピソードが多くて、1期に比べて恐怖感(というかドキッとする演出)が少なくなったように感じました。いくつか当たりはあったものの、全体的にちょっと物足りなかったです。


月曜日

アオハライド
放送済み12話[放送終了]
視聴局TOKYO MX
放送開始2014/7/7深夜通常放送時間24:00
放送終了2014/9/22深夜
評価「アオハライド」の評価(1クール)
最高:5、最低:3
全話平均:3.5
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12
公式サイトhttp://aoha-anime.com/
視聴前の期待度High 原作は少女漫画だそうです。恋と青春をじっくり丁寧に描いてくれそうな感じ。脚本家的にも期待できそうです。
First ImpressionHigh 冒頭の回想シーンや、双葉と洸が神社で再会するシーンがドラマチックですごく良かったです。再会シーンでは「第1期 完」というテロップが出ても不思議じゃないくらいのクライマックス感が出ていて思いっきり見入ってしまいました。ただし、購買でのシーンは、話の流れ的にはアリだと思いますが、おばさんたちの立ち位置が画的にうまく表現できていなくて(しかもコンテは監督)、違和感が大きかったのが悪い意味で気になりました。それ以外は、話そのものも人物描写も素晴らしくて期待以上に良かったので、今後の展開が楽しみです。
Final ImpressionHigh 洸の掘り下げがなかなか始まらなかったり、小湊亜耶の印象が薄かったり、ちょっと気になる点がいくつかありましたが、双葉、悠里、修子の信頼関係が構築されていく様子と双葉&洸の距離が縮まっていく様子をじっくり描いていて、なかなか見ごたえのあるドラマになっていました。お話的には、双葉たち5人+α(田中先生と菊池冬馬?)の物語を始めるための地ならしが終わり、やっとスタート地点に立ったところです。本格的に面白くなるのはこれからだと思うので、ぜひ続きを観てみたいです。


ハナヤマタ
放送済み12話[放送終了]
視聴局テレビ東京
放送開始2014/7/7深夜通常放送時間25:35
放送終了2014/9/22深夜
評価「ハナヤマタ」の評価(1クール)
最高:4、最低:3
全話平均:3.16667
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12
公式サイトhttp://hanayamata.com/
視聴前の期待度High 公式サイトを見ると等身大の少女たちの青春を真面目に描いてくれそう。PVの雰囲気がすごく良かったので視聴してみます。
First ImpressionMedium ハナが常識はずれな行動をとるのは別にかまわないのですが、普通の人間ではありえない身体能力を見せたので戸惑ってしまいました。おそらくハナのつかみどころのなさをファンタジーっぽく演出しているのだと思いますが、リアルな世界が舞台のはずなので、中途半端なファンタジー色は作品の世界観を台無しにしているように思えてすごく気になりました。それを除けば画はきれいだったし、関谷なるが今後どのように変わっていくのかも気になる出だしでした。ちょっと引っ掛かりはありますが、今後に期待です。
Final ImpressionMedium 中盤あたりまでは、なるが少しずつ変わっていく様子が丁寧に描かれていてけっこう好印象でしたが、終盤はやや強引な展開になってしまいました。最終話だけを見ればストーリーも演出もわりと良くていい感じで終わったようにみえますが、そこに至るまでの強引さが足を引っ張っていて、全体で見ればすっきりしない締めになってしまったのが残念です。


火曜日


水曜日

ヤマノススメ セカンドシーズン
放送済み24話[放送終了]
視聴局TOKYO MX
放送開始2014/7/9夜
※2014/7/2 22:00~ 特別番組「ヤマノススメ セカンドシーズンのススメ」あり
※第12話と第13話の間に特別番組「ヤマノススメ セカンドシーズンのススメ Part 2」あり
通常放送時間22:00
放送終了2014/12/24夜
評価「ヤマノススメ セカンドシーズン」の評価(1クール)
「ヤマノススメ セカンドシーズン」の評価(2クール)
最高:4、最低:3
全話平均:3.29167
1クール平均:3.5
2クール平均:3.08333
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24
公式サイトhttp://www.yamanosusume.com/
視聴前の期待度High 1期ではあおいの成長をメインに友達との関係を丁寧に描いていてけっこう楽しめたので、今期も観てみます。
First ImpressionMedium OPで1期を振り返り、その後、友達と打ち解けて話せるようになったあおいの姿を本編でたっぷり描いてくれたのは感慨深いものがありました。まったりした空気感も相変わらず良かったです。15分枠に拡大&脚本家変更後の第1話ということもあってか、尺を持て余し気味に思える部分がちらほらあったのは気になりましたが、これについてはすぐに慣れると思うし、作る側もテンポを掴んでいって15分アニメとして違和感のない内容になっていくと思います。富士山登山という大目標も見えたので、今後はそれに向けて話が動き出してくれることを期待したいです。
Final ImpressionHigh 今期は何と言っても登山エピソードに引き込まれました。シリアスな側面が強いものもありましたが、取ってつけたようなシリアスではなく、キャラクターの心情をしっかり描くことで説得力を出して見入る話に仕上げていたのがとても印象的でした。それに加えて背景美術の美しさも見ごたえ十分でした。音響面では台詞とBGMの音量バランスがちょっと気になるところがあったものの、特に悪くはなかったです。一つだけ不満があるとすれば、富士山に再挑戦しなかったことでしょうか。原作との兼ね合いがあるのでしょうが、これだけはちょっと残念でした。
登山エピソードの出来が良すぎたためにゆるふわな日常部分が物足りなく感じてしまうほどでしたが、日常部分がつまらなかったということはまったくなくて、ストーリーと映像と音響のクオリティが全体的に高いところで安定していて、本当に素晴らしいシリーズでした。


木曜日

グラスリップ
放送済み13話[放送終了]
視聴局TOKYO MX
放送開始2014/7/3夜通常放送時間22:30
放送終了2014/9/25夜
評価「グラスリップ」の評価(1クール)
最高:3、最低:1
全話平均:2.30769
各話感想#1[その1][その2] #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13
公式サイトhttp://www.glasslip.jp/
視聴前の期待度Medium P.A.WORKSの青春ストーリーということで、迷うことなく視聴決定です。
First ImpressionMedium 各キャラの性格をすんなり把握できる自然なダイアログがよかったです。また、ラストの締めはやや芝居がかっていて、それまでの自然なやりとりといいコントラストを醸し出しているうまい引きでした。その一方で、1本のストーリーとしてはまとまりがなく、日常シーンの羅列を見ているだけのようだったのが気になりました。映像的にも漫画っぽい表現や画面周辺のぼかしが多用され、さらに西村純二監督らしいハーモニー処理も頻出したので、ちょっとクセの強い映像になっていたと思います。全体的にはこれまでのP.A.WORKS作品らしくないよくわからない不思議な作品でした。とはいえ面白そうな要素はいくつかあったので今後の展開に期待です。
Final ImpressionVery Low 1話限りのOVAなら良かったかもしれませんが、シリーズ物としてはストーリー構成も映像の作りもまったくなっていなくて、そもそも物語の体をなしていませんでした。佐藤梨香さんの台詞選びのセンスの良さ以外に見るべきもの(聞くべきもの)がなく、制作側の自己満足の域を出ない残念な作品でした。


白銀の意思 アルジェヴォルン
放送済み24話[放送終了]
※第12話と第13話の間に特別番組「白銀の意思 アルジェヴォルン 特別編:独立第八部隊 激戦の軌跡」あり
視聴局TOKYO MX
放送開始2014/7/3夜通常放送時間23:00
放送終了2014/12/18夜
評価「白銀の意思 アルジェヴォルン」の評価(1クール)
「白銀の意思 アルジェヴォルン」の評価(2クール)
最高:4、最低:3
全話平均:3.16667
1クール平均:3.33333
2クール平均:3
各話感想#1[その1][その2] #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8[その1][その2] #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26
公式サイトhttp://www.argevollen.com/
視聴前の期待度Medium 戦争をシビアに描くロボットアニメのようです。どんなストーリーになるのかちょっと興味があるので視聴してみます。
First ImpressionMedium 展開はとてもオーソドックスで、ある意味ガンダム以降のリアルロボット系アニメの様式美を踏襲したような始まり方でした。でもだからこその安定感とワクワク感があったと思います。アルジェヴォルンの機体と設計思想が他のロボットと違い過ぎるのでかなり浮いていましたが、その辺の理由も含めて今後のストーリーを矛盾なく進めてくれるとけっこう楽しめるかもしれません。また、メインとなる寄せ集め部隊(?)のキャラたちやジェイミーの言動が興味深かったです。シナリオがしっかりしていれば面白いドラマになりそうに思えました。
Final ImpressionMedium 序盤はストーリーを丁寧に進めているように感じられて印象は良かったのですが、いつまでたってもキャラの掘り下げがあるわけでなく、物語の背景になっている戦争に切り込んでいくわけでもなく、あげくに敵キャラが主人公機に意味不明な執着を抱いて勝手に盛り上がっていて、どんどん興味が薄れてしまいました。最終話の強引な展開を除けば各話のシナリオが特に悪かったとも思えないし、ポテンシャルを秘めた作品だったと思いますが、シリーズ構成に難があったために2クールかけて何を伝えたかったのかよくわからなかったです。


東京喰種 トーキョーグール
放送済み12話[放送終了]
視聴局TOKYO MX
放送開始2014/7/3深夜通常放送時間24:00
放送終了2014/9/18深夜
評価「東京喰種 トーキョーグール」の評価(1クール)
最高:4、最低:2
全話平均:3
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12
公式サイトhttp://www.maql.co.jp/special/tokyoghoul/
視聴前の期待度Medium ちょっとグロ寄りな感じなので趣味に合わないかもしれませんが、監督・脚本にアニメではあまり目にすることがない名前が並んでいるので試しに観てみます。
First ImpressionMedium 想像通り残酷な内容で、それが見せ場の一つになっていました。でもそれだけではなく、主人公の金木と特定のルールに従って行動している社会性のある(?)グールがかかわりを深めていくことになりそうな展開が見えて、金木がこれからどういう運命をたどるのか気になる流れになっていました。インパクト頼みではなく、ストーリー性が高そうなので、もしかしたら結構楽しめるかもしれません。
Final ImpressionMedium 終盤は金木の覚醒が話の中心になり、それ以外のことが置き去りになってしまって、すごく中途半端な締めになっていました。でも、そこに至るまではグール側だけでなく人間側のドラマも描かれ、ストーリー展開はわりと良かったです。ただし、残酷な描写が多く、特にラスト2話の拷問は執拗でとても不快でした。単に趣味に合わなかっただけと言ってしまえばそれまでですが、この路線で行くならほかの媒体で公開すべきだったのではないでしょうか。TVで放送するような内容ではなかったと思います。


残響のテロル
放送済み11話[放送終了]
視聴局フジテレビ
放送開始2014/7/10深夜通常放送時間24:50(第1話は25:10)
放送終了2014/9/25深夜
評価「残響のテロル」の評価(1クール)
最高:3、最低:2
全話平均:2.36364
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11
公式サイトhttp://terror-in-tokyo.com/
視聴前の期待度Medium 公式サイトに書かれているストーリーは面白そうです。このストーリーで主人公が高校生というのはちょっと興ざめですが、とりあえず視聴してみます。
First ImpressionMedium 題材は興味深かったものの、ハッタリの見せ方がうまくないというか、説得力のある見せ方ができていなかったのであまりのめり込めませんでした。たとえばナインが核燃料貯蔵容器に銃口を向けただけで再処理施設の職員が彼を隔離区画から出してしまうとか、4階から飛び降りた少女を受け止めるとか、過去の悪夢があるからとはいえ一般の女子高生をあっさり仲間に引き入れるとか。映像はかなりリアル寄りなので、こういう細かい引っ掛かりの積み重ねがかなり気になってしまいました。視聴前に想像していた通り、この内容で高校生が主人公というのがそもそも違和感が大きいので、せめてもう少し見せ方を工夫してくれると良かったのですが。とりあえずストーリーが面白くなることを期待して様子見です。
Final ImpressionLow リアルなテロどころかシリアスな話を描くだけの力量が脚本家になかったためなのか、オサレを気取っただけで勢いで押し切ることもできていない薄っぺらい話になっていました。最近のダメなアニメにありがちな、ストーリーがおざなりで映像が美麗なだけの粗が気になるだけの作品でした。この作品に限ったことではありませんが、リアル指向のアニメはシナリオが稚拙なものが多く、アニメ脚本家の層の薄さが露呈している感じです。


金曜日

東京ESP
放送済み12話[放送終了]
視聴局TOKYO MX
放送開始2014/7/11深夜通常放送時間25:35
放送終了2014/9/26深夜
評価「東京ESP」の評価(1クール)
最高:4、最低:3
全話平均:3.16667
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12
公式サイトhttp://www.tokyo-esp.org/
視聴前の期待度Medium シリアスなバトル物かと思っていましたが、調べてみるとそういうわけでもなさそうです。けっこうはっちゃけた展開で楽しめるかも。
First ImpressionMedium 第1話は『喰霊-零-』を観ていた人へのサービス回の印象が強かったです。本編はまさに序章といった感じで、視聴前に予想したはっちゃけた内容になるのか、それともドシリアスな展開になるのか、次回以降を観ないと何とも言えない内容でした。派手なアクションはありそうなので、クーデターを起こした超能力者集団と「白い少女」側の対立がどのように描かれるのかに期待です。
Final ImpressionMedium 全体を通してのストーリーは筋が通っていたと思いますが、展開がざっくりし過ぎだったのではないでしょうか。ギャグなのかシリアスなのか最後までどっちつかずだったことも悪い意味で気になりました。超能力バトルが映像的に見栄えよく表現されていればエンターテインメントとしてもう少し楽しめたかもしれませんが、最近のアニメにしてはかなり見劣りする映像だったので、その点でも残念さが漂っていました。すべての面でいまいち煮え切らなかったです。


土曜日

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。
放送済み12話[放送終了]
視聴局TBSチャンネル1
放送開始2014/7/12夜通常放送時間22:30
放送終了2014/9/27夜
評価「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」の評価(1クール)
最高:4、最低:3
全話平均:3.41667
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12
公式サイトhttp://www.tbs.co.jp/anime/locodol/
視聴前の期待度Medium これまで観たことがないタイプのアイドル物です。シリーズ構成・綾奈ゆにこさんということもあり視聴決定しました。監督が名和宗則さんというのも何気に気になります。
First ImpressionHigh 奈々子の決心が揺れ動く様がやや漫画っぽ過ぎたかなとも思いますが、それ以外は奈々子と縁のゆったりしたやりとりとか、ステージでの観客との距離感とか、全体的にまったりした雰囲気がすごく良かったです。また、ギャグも適度に盛り込まれていましたが、極端にデフォルメせずに日常会話の流れの中に自然に盛り込んでいたので、全体の雰囲気が損なわれずにすんでいました。日常会話とギャグのセンス、それに雰囲気作りがうまかったです。なかなか期待できそうなスタートでした。
Final ImpressionHigh まったりしたストーリーの中で奈々子の成長がさりげなく描かれていたり、流川ガールズとAWA2 GiRLSを対比させることでローカルアイドルの一つの在り方が描かれていたり、細かな作りこみがうまかったと思います。カメラを斜めに倒して股下あたりから上を一画面に映すエロゲ原作アニメのような構図がときたまあったのは気になりましたが、全体的に画作りも丁寧で、とても印象の良い作品でした。


アルドノア・ゼロ(ALDNOAH.ZERO) [4話で視聴打ち切り]
放送済み12話[放送終了]
視聴局TOKYO MX
放送開始2014/7/5深夜
(BS11の特番も視聴:2014/7/4 23:00~ 特別番組「アルドノア・ゼロ"COUNT TO A/Z"」)
通常放送時間24:00
放送終了2014/9/20深夜
評価「アルドノア・ゼロ(ALDNOAH.ZERO)」の評価(1クール)
最高:2、最低:2
全話平均:n/a
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12
公式サイトhttp://www.aldnoahzero.com/
視聴前の期待度Medium 世界観はおもいっきりSFですが、割と真面目な戦争物のようです。人物描写がしっかりしていればかなり楽しめるかもしれません。
First ImpressionLow 地球側の主人公については事前特番で「クールな人物」と言っていましたが、第1話を観た限りではクールというよりも感情を持たない人形でした。こんなキャラをクールと言ってしまう制作側の感性には疑問符付きまくりです。また、ヴァース側は途方もない力を手に入れたから自分たちは優れた種族になったと考え、地球側との戦端を開いたようですが、たとえハイパーゲートがあったとしても火星への移住という一大プロジェクトと帝国の創設は作中のタイムスケール的に厳しいので、地球側と対立させるための強引な理由づけに思えました。もうちょっとましな対立理由を考えられなかったのでしょうか。衛星軌道上で15年間待機していたという37人の騎士が率いる軍隊についても同様で、連携しなくても何とかできると考えているなら15年間衛星軌道上で待っている理由がありません。そもそも圧倒的な戦力差を匂わせておきながらなぜ休戦したのか。とにかく不可思議な人物描写と説明不足からくる違和感が大き過ぎました。大筋の流れはわりと王道的だと思いますが、綺麗な映像で誤魔化しきれないくらいストーリーテリングが雑で、がっかり感の強いスタートでした。
Final ImpressionLow 映像はクオリティが高くて見ごたえがありました。音楽も良かったと思いますが、音響演出がワンパターンで「ここで盛り上がるんだよ」という作る側の都合を押し付けられている感が強く、回を重ねるごとに鬱陶しくなってしまったのが残念です。でもそれ以上に残念だったのは、中学生のメモ書きをそのまま採用したかのような練りこみ不足の世界観と、なにもかも主人公に都合のいいように展開する話の流れ&無能な登場人物たちです。登場人物が動くことで物語が進展するのではなく、脚本の都合ですべてが進行しているのが透けて見えるお粗末な内容でした。こういう作りの作品は観ているとストレスがたまるので、視聴は打ち切ることにします。


RAIL WARS!(レールウォーズ)[1話で視聴打ち切り]
放送済み12話[放送終了] 
視聴局BS-TBS
放送開始2014/7/12深夜通常放送時間25:00
放送終了2014/9/27深夜
評価「RAIL WARS!(レールウォーズ)」の評価(1クール)
最高:2、最低:2
全話平均:n/a
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12
公式サイトhttp://www.tbs.co.jp/anime/railwars/
視聴前の期待度Medium だいぶ前にラノベ販促用のPVを観たことがあって、世界観とアクションが面白そうで気になっていました。シリーズ構成が悪い意味でちょっと気になりますが、試しに観てみます。
First ImpressionLow ラノベ販促用のPVとは全然雰囲気が違っていて、可愛い女子キャラとギャグを組み合わせたありがちな萌えアニメのようでした。
Final ImpressionLow 展開が雑なこととキャラの動きがグダグダなことに目をつぶれば(というかその時点でもうダメすぎですが)特に嫌みはなかったです。割り切って視聴すれば楽しめそうに思えました。でも視聴本数が多い中であえて時間を費やす価値があるとも思えなかったので、視聴は打ち切ることにします。


ばらかもん
放送済み12話[放送終了]
視聴局日本テレビ
放送開始2014/7/5深夜通常放送時間26:20
放送終了2014/9/27深夜
評価「ばらかもん」の評価(1クール)
最高:5、最低:3
全話平均:3.33333
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12
公式サイトhttp://www.barakamon.jp/
視聴前の期待度Medium カルチャーギャップコメディのようなものでしょうか? なんだか面白そうなので視聴してみます。
First ImpressionMedium 固定観念に凝り固まった頑なな主人公が純真な人たちに触れながら変わっていく過程を面白おかしく描いていくようで、半田清舟と島の人たち、特に琴石なるとのかけあいがなかなか楽しかったです。でも半田は第1話の段階で過去の自分が間違っていたことに気付いて大きく変わってしまったので、これから「変わっていく」としても第1話ほど大きな内面変化はないような気がします。残るのは未知の経験に驚き混乱する半田の様子を繰り返し描くことだけですが。。。とりあえず第1話はいい感じにまとまっていたので、今後の話の転がし方に期待したいと思います。
Final ImpressionHigh ざっくりまとめてしまうと清舟が島の人々(主に子供たち)に翻弄される様子が繰り返し描かれただけですが、互いに影響を受けながら少しずつ変わっていく様子がユーモラスかつときには感動的に描かれていて毎回とても面白かったです。世間知らずで子供っぽいんだけどたまに大人の顔を見せる清舟のキャラクター付けも秀逸で、当初危惧したようなマンネリ感とは無縁の楽しさでした。



残念ながら視聴を見送った作品

ひめゴト
六畳間の侵略者!?
幕末Rock
少年ハリウッド -HOLLY STAGE FOR 49-
ソードアート・オンラインII
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!(2wei!)
LOVE STAGE!!
PSYCHO-PASS サイコパス 新編集版
黒執事 Book of Circus
モモキュンソード
精霊使いの剣舞
DRAMAtical Murder[ドラマティカルマーダー]
あいまいみー~妄想カタストロフ~
Re:␣ハマトラ(リプライ ハマトラ)
まじもじるるも
真 ストレンジ・プラス
ペルソナ4 ザ・ゴールデン
Free!-Eternal Summer-
信長協奏曲
アカメが斬る!
戦国BASARA Judge End
毎度!浦安鉄筋家族
てーきゅうベストセレクション
みならいディーバ
ガンダムさん
posted by animisc at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 視聴アニメ一覧 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アニミスクさんは視聴するアニメはどうやって決めてるのですか?
Posted by at 2014年07月08日 15:57
コメントありがとうございます。
一言でいえば直感ですかね(^^;
シリーズ構成や制作会社がお気に入りの人/会社だった場合は優先的に視聴リストに追加していますが、基本的には公式サイトのイントロダクションを読んだりPVを見たりして、興味を惹かれる物がなにかあればリストに入れています。最終的に本数が多すぎたときは、面白そうと思える度合いが小さいものから減らしていくって感じでしょうか。
事前に作品内容を詳しく調べないので(できるだけ先入観なしで楽しみたいので)、リストから外したことを後悔したり、最後まで視聴してもつまらなかったりすることもありますが、すべての作品を視聴するのは無理なので、ある程度の割り切りは必要かなと思ってます。
Posted by アニミスク at 2014年07月08日 21:30
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック