2008年07月29日

今週のおまけ(2008/7/27~8/2)―『ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~』第4話

今回は、デストラクトコードの導きで春の大陸にやってきたモルテ一行のお話。
桜の木の下で恋人を待ち続ける男の切ない物語でした。
とはいえ、相変わらずキャラ同士の掛け合いで魅せてくれる、個人的には大好きな展開でした。

ラストで桜の木のある場所に向かう老婦人が登場するのは、まさにお約束の展開でしたが、彼女が出てきた瞬間になぜか嬉しくなってしまったのは言うまでもありません。
王道的なストーリー展開なら、締めはこうじゃなければ(^^

前置きはここまで。
今回も「おまけ」ということで、解読シリーズの第2弾です。
キリエが書いたシナリオを読み取ってみました。

シナリオ

UWA~TU!
TORINOHUNGA
OTITEKITAZO!
GYAーTU!
ITAIーTU!
うわ~っ!鳥のフンが落ちてきたぞ!ぎゃーっ!痛いーっ!

KONDOHAUEKIBATIG
AATAMANIーTU!
今度は植木鉢が頭にーっ!

SENTEINOSENWONUKI
TENPUKUSASETE
OBORESINUHURIWOSU
船底の栓を抜き転覆させて溺れ死ぬふりをす

例のごとく、青い文字は、文字が抜け落ちていると思われるので補いました。

これまでに出てきた文章や看板は(たぶん)すべて英語だったのに、今回は日本語ですね。
もしかしたらこの世界では人間と獣人で書き言葉が違うのかも。
まぁ、考えすぎでしょうけど(^^;

そういえば、次回予告でモルテが面白いツッコミをしていました。
次回予告をしているのはトッピーなのに、どうして語尾に「クマ」が付かないのかと。
これには笑ってしまいました。
確かにその通りですね(^^;

ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~ Vol.2 [DVD]
ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~ Vol.2 [DVD]

公式サイト
http://wd.sega.jp/anime/

ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~ 第4話
人間には二通りある

演出
織田美浩

脚本
横谷昌宏

キャスト
キリエ  宮野真守
モルテ  坂本真綾
トッピー 古谷徹
ナジャ  小野大輔
リ・ア  小林ゆう
アガン  吉野裕行
ジェード 加瀬康之
カエル師 草尾毅
老獣人  石原凡
部下   西田雅一
獣人   喜多田嘉一
【ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック