2008年11月03日

ちょっと昔のいいアニメ―『ARIA The ANIMATION』

最近はアニメが大量に放送されていて、それをチェックするだけでも大変。
でもここでちょっと一休みして過去の名作(?)を振り返ってみようかな、というこのコーナー。

第二回は「ARIA The ANIMATION」です。

『ARIA The ANIMATION』第11話より

神奈川では2005年10月から水曜日の深夜にテレビ東京で全13話が放送されました。
今年1月に第3期となる「ARIA The ORIGINATION」が放送されたので、「ARIA」というタイトルを知っている方も多いのではないでしょうか。
物語は、ネオ・ヴェネツィアでウンディーネになるための修行をしている灯里と、彼女を取り巻く人々の日常を淡々と描いていくというもの。
特別大きな事件が起こるわけでもなく、ひたすらゆったりとストーリーは進みます。
セリフも少なめで、間(ま)の取りかたが素晴らしかったです。

当時のキャッチコピーは
「ようこそ、水とやすらぎの惑星(アクア)へ。
すべての人に贈る、未来型ヒーリングストーリー。」
でした。

第1話を観たときは、あまりに何事も起こらないので呆気にとられてしまった記憶があります。
それでも不思議な魅力があったので視聴は継続したわけですが、2話、3話と進むうちに、このまったり感がたまらなくなってきました。
そして第4話で最初の「波」が来ます。
灯里がある少女から託された手紙を配達するファンタジー系のエピソードです。
ラストシーンでは、確か号泣してしまった記憶が(^^;
このエピソードに登場する「データカード」が後の第12話への軽い伏線になっています。

その後も、「ARIAらしい」としかいえないゆったりまったり感動的なエピソードが続きます(アリア社長が主役の驚きのエピソードもありましたが(^^;)。

そしてラスト3話で奇跡が起こります。
毎回最終回じゃないかと思えるような秀逸なエピソードの連続。
「ARIA The ORIGINATION」を観てARIAの雰囲気が気に入ったという方にはお勧めのエピソードです。
蛇足ながら、第13話は大晦日の午後11時43分27秒から観始めると少しだけ幸せになれるかもしれません(^^;

改めて見直してみると、作画面でもう少し頑張って欲しかったなという気もしますが、それを補って余りあるほどにストーリーと音楽が秀逸でした。
BGMは第2期、第3期でかなり使いまわされていたことからも分かるように、第1期ですでに完成されています。
主題歌の「ウンディーネ」とエンディングの「rainbow」、それに挿入歌の「シンフォニー」も、おそらくシリーズ最高の出来ではないでしょうか。

「ARIA The ANIMATION」。
これまで何度観なおしたことか・・・。
そしておそらくこれからも何度も観直すことになる作品です。

ということで、今回はここまで。
次回は「ヤミと帽子と本の旅人」、「魔法少女リリカルなのは」、「極上生徒会」、「くじびき♥アンバランス」のうちのどれかになると思います。
次回をお楽しみに。

ARIA The ANIMATION DVD-BOX(初回限定生産)ARIA The ANIMATION オリジナルサウンドトラック
ARIA The ANIMATION DVD-BOX(初回限定生産)ARIA The ANIMATION オリジナルサウンドトラック

ウンディーネRainbow
ウンディーネRainbow


公式サイト
http://www.ariacompany.net/1st/index2.htm

ARIA The ANIMATION
第1話 「その 素敵な奇跡を…」
第2話 「その 特別な日に…」
第3話 「その 透明な少女と…」
第4話 「その 届かない手紙は…」
第5話 「その あるはずのない島へ…」
第6話 「その 守りたいものに…」
第7話 「その 素敵なお仕事を…」
第8話Aパート 「その 憂鬱な社長ったら…」
第8話Bパート 「その イケてるヒーローってば…」
第9話 「その 星のような妖精は…」
第10話 「その ほかほかな休日は…」
第11話 「その オレンジの日々を…」
第12話 「その やわらかな願いは…」
第13話 「その まっしろな朝を…」

監督
佐藤順一

シリーズ構成
佐藤順一

演出
第1話 布施木一喜
第2話 向中野義雄、布施木一喜
第3話 後藤圭二
第4話 玉川真人
第5話 筑紫大介
第6話 島崎奈々子
第7話 布施木一喜、名取孝浩
第8話 玉川真人
第9話 竹下健一
第10話 いとがしんたろー、名取孝浩
第11話 竹下健一、筑紫大介
第12話 玉川真人
第13話 布施木一喜、いとがしんたろー、名取孝浩

脚本
第1話 佐藤順一
第2話 吉田玲子
第3話 吉田玲子
第4話 吉田玲子
第5話 吉田玲子
第6話 吉田玲子
第7話 吉田玲子
第8話 佐藤順一
第9話 藤咲あゆな
第10話 吉田玲子
第11話 藤咲あゆな
第12話 吉田玲子
第13話 藤咲あゆな

キャスト
葉月絵理乃  水無灯里(第1話~第13話)
斎藤千和   藍華(第1話~第11話、第13話)、明奈(第12話)
大原さやか  アリシア(第1話~第5話、第7話~第13話)
水橋かおり  アイ(第1話~第13話)
西村ちなみ  アリア社長(第1話~第13話)
野島裕史   暁(第1話、第3話、第10話、第13話)
麻生智久   アイの父(第1話)
木川絵理子  アイの母(第1話)、先輩2(第3話)、女の子A(第8話)、ウンディーネA(第11話)、新(第12話)、アヤメ(第13話)
内山侑子   女性B(第1話)
皆川純子   晃(第2話、第5話、第7話、第10話、第11話、第13話)、晶(第12話)
田坂秀樹   姫屋A(第2話)
羽多野渉   姫屋B(第2話)
広橋涼    アリス(第1話~第11話、第13話)、アニータ(第12話)
江川央生   暁の兄(第3話、第13話)
富坂晶    先輩1(第3話)、ウンディーネ1(第6話)、昭夫(第12話)
那須めぐみ  お客(第3話)
水沢史絵   下級生1(第3話)
うえだゆうじ ウッディー(第4話、第7話、第13話)
清川元夢   郵便屋さん(第4話、第10話)
倉田雅世   アミ(第4話、第13話)
岡村明美   アガサ(第4話)
川上とも子  アテナ(第6話、第8話、第10話、第11話、第13話)、アンジェ(第12話)
渡辺明乃   まぁくん(第6話)、まぁ社長(第7話、第10話)、アル(第8話、第13話)、アレフ(第12話)
又吉愛    ウンディーネ2(第6話)、女の子B(第8話)
豊口めぐみ  アメリ(第7話)
鳥海浩輔   アラシ(第7話)
ふくまつ進紗 パフォーマーA(第8話)
川田紳司   パフォーマーB(第8話)
松尾佳子   グランマ(第9話、第13話)
羽鳥靖子   おばあさん(第10話)
浅田葉子   星野明子(第12話、第13話)
土屋利秀(*1) 老人(第12話)
細谷佳正   人々(第12話)
福原耕平   人々(第12話)
太田哲治   父親(第13話)

*1 「土屋利秀」はクレジットの表記。現在は「土屋トシヒデ」に改名
posted by animisc at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと昔のいいアニメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック