2008年12月31日

独断と偏見の2008年アニメランキング

今年放送されたアニメの評価をランキング形式でまとめてみました。

対象作品:放送開始時期に関わらず、2008年に放送が終了したアニメ。
 視聴していないもの、途中で視聴を打ち切ったものは除外。
評価基準:各エピソードの初見時の評価(5段階評価)の平均値。


ということで、さっそく独断と偏見のランキング発表です。

 スコア
順位タイトル全話平均1クール2クール
1破天荒遊戯4.1  
2xxxHOLiC◆継4.07692  
3のだめカンタービレ 巴里編4  
3バッカーノ![再放送]4  
5ARIA The ORIGINATION3.92308  
6ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~3.83333  
7墓場鬼太郎3.81818  
8ブラスレイター3.791674.153853.36364
9魍魎の匣3.76923  
10狼と香辛料3.66667  
11我が家のお稲荷さま。3.631583.8753.45455
12ストライクウィッチーズ3.58333  
12フルメタル・パニック?ふもっふ[再放送]3.58333  
14CLANNAD -クラナド-3.565223.615383.5
15屍姫 赫3.53846  
15ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~3.53846  
17鉄腕バーディー DECODE3.46154  
17フルメタル・パニック!TSR(The Second Raid)[再放送]3.46154  
19かのこん(視聴は第6話まで)3.33333  
19レンタルマギカ3.333333.384623.27273
21夏目友人帳3.30769  
21かんなぎ3.30769  
21ロザリオとバンパイア CAPU23.30769  
21ヴァンパイア騎士3.30769  
25喰霊-零-3.25  
25のらみみ3.25  
25フルメタル・パニック![再放送]3.253.384623.09091
28RD 潜脳調査室3.230773.153853.30769
28ヴァンパイア騎士 Guilty3.23077  
30キミキス pure rouge3.208333.153853.27273
31H2O~FOOTPRINTS IN THE SAND~3.16667  
32マクロスF(フロンティア)3.163.384622.91667
33true tears3.15385  
34のらみみ23.08333  
35コードギアス 反逆のルルーシュ R23.083.307692.83333
36ひだまりスケッチ×3653.07692  
37イタズラなKiss32.923083.08333
37ウエルベールの物語 第二幕3  
37ロザリオとバンパイア3  
40二十面相の娘2.954553.076922.77778
41あかね色に染まる坂2.91667  
41セキレイ2.91667  
43ef - a tale of melodies.2.83333  
43夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~2.83333  
43灼眼のシャナII2.833332.615383.09091
43図書館戦争2.83333  
47機動戦士ガンダム002.762.846152.66667
48薬師寺涼子の怪奇事件簿2.69231  
49素敵探偵ラビリンス2.62.230773
50魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~2.58333  


※ここにまとめた評価は初見時の評価なので、もう一度見直すと変わるかもしれません。

さすが初見時の評価というだけあって、自分でも信じられない結果になってしまいました。
1位の「破天荒遊戯」・・・・・・これはいくらなんでもありえません(^^;
個人的にかなりお気に入りの作品だというのは間違いないですが、「ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~」と肩を並べて15位くらいが妥当だと思います。
こういうノリの良さでみせる作品がツボにはまってしまうと、どうしても評価が高めになってしまいます。
19位の「レンタルマギカ」もちょっと評価が甘すぎたように思いますが、それ以外はそれなりに納得のいく順位になっているかな。


ということで、「破天荒遊戯」を妥当な順位に移動すれば、1位は「xxxHOLiC◆継」。
これは作品全体に漂う雰囲気とキャラクターの魅力が秀逸でした。
ギャグ回かと思わせておいて最後はしっとり締めてくれた麻雀エピソードや、ひまわりの謎が明かされるエピソードなど、ストーリー面でも飽きさせない作り。
最終話は自分的にいまいちだったとはいえ、全編を通して特別ダメと思える点はなかったように思います。

そして、ベスト10には入らなかったけれど、当初の予想を覆して楽しめたのが「ストライクウィッチーズ」です。
ただのパンツアニメと侮っていたら大きく化けました。
全12話の中で総勢11人の主要キャラを描ききるという離れ業までみせてくれたのには脱帽です(ハルトマンだけはちょっと描写不足だったかもしれませんが)。

順位的に残念なのは15位の「屍姫 赫」。
この作品は世間的にはいろいろと不評のようですが、1クール後半になってかなり盛り返してきたように思います。
いちおう最終回を迎えたことになっていますが、来年早々、実質的に2クール目となる「屍姫 玄」が始まるので、そちらにも期待している作品です。

もう一つ、数字では21位となってしまいましたが、「ロザリオとバンパイア CAPU2」は外せません。
昭和を彷彿させる懐かしいノリで最後まで突っ走ってくれたのが好印象。
オープニングは、今年放送されたアニメの中では1、2を争う出来だと思います。
このオープニングに対抗できるのは「ひだまりスケッチ×365」と「ストライクウィッチーズ」かな?
どれもオープニング演出が素晴らしかったです。

去年1位だった「ef - a tale of memories.」の2期となる「ef - a tale of melodies.」は43位。とにかく残念としか言いようがない出来でした。

世間的には好評だった、「マクロスF(フロンティア)」と「コードギアス 反逆のルルーシュ R2」ですが、これら2作品は1クールから2クールにかけて大きくポイントを落しています。
ともに期待倒れに終わった作品でした。
どうダメだったのかは視聴アニメ一覧のFinal Impressionに書いてありますので、興味のある方は読んでみてください。
ただし、かなり辛口の文章なので怒らないように(^^;

最後に注目してほしいのが、8位の「ブラスレイター」です。
この作品は1クールと2クールで作風ががらりと変わってしまい、2クール目はいろいろと残念な結果になってしまいました。
でも、1クール目だけ見れば4.15385ポイントと、過剰評価の「破天荒遊戯」すら抑えてダントツの1位です。
実際、ゲルト関連のドラマからXAT壊滅までの魅せ方は最高に素晴らしかったです。
監督が描きたかったテーマのことを考えれば2クール目を無視できないのがつらいところです(^^;

とまあ簡単ですが、今年のアニメランキングでした。

各作品の一言感想などは以下のページにまとめてあります。
視聴アニメ一覧(2007年10月放送開始作品)
視聴アニメ一覧(2008年1月放送開始作品)
視聴アニメ一覧(2008年4月放送開始作品)
視聴アニメ一覧(2008年7月放送開始作品)
視聴アニメ一覧(2008年10月放送開始作品)
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。
自分でもランキングを付けたとしたら
アニミスクさんとは全体的に違いますね。

1位を決めるなら『喰霊』か『ARIA』でしょうか。
それとここには入っていないけど、『紅』が好きでした。

今年もよろしくお願いします。
Posted by ☆☆☆☆☆ at 2009年01月02日 10:08
☆☆☆☆☆さん
あけましておめでとうございます。昨年はいろいろとコメントをいただきどうもありがとうございました。読んでくれている方の反応をいただけると励みになります。

上のランキングはほかのブロガーさんたちの評価と比べてもかなり偏ってますから、これと同じようなランキングをつける人はいないでしょうね(^^;
自分も「ARIA」はすごく良かったと思います。「紅」は迷った末に観ないことにしました。放送本数が多すぎるのも困ったものです。贅沢な悩みなんでしょうけど。観なかった作品の中にも面白いものがたくさんあるんでしょうね。
Posted by アニミスク at 2009年01月02日 14:37
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

2008年 視聴アニメ&キャラクター、ベスト10!
Excerpt: ■2007年 視聴アニメ、ベスト10 今年もいよいよ最後となりました。今年最後の記事は、私の今年視聴アニメの中から、 作品、男性キャラクタ...
Weblog: めもり~る~む
Tracked: 2008-12-31 14:15