2010年03月06日

視聴アニメ一覧(2010年4月放送開始作品)

2010年4月放送開始のアニメのうち、自分の視聴していた作品を一覧にまとめました。
視聴するのは深夜アニメが中心で、朝や夕方などに放送される作品は基本的に視聴していません。

2010年9月29日更新終了
■更新内容
 ・「けいおん!!」のFinal Impressionを追加

評価スコア期待度/Impression
5最高! Very High特大/文句なしに最高!
4結構いいかも High大きい/なかなか良かった
3まぁまぁ Medium普通/普通だった
2いまいち Low小さい/いまいちだった
1なんだかなぁ Very Low(見ない)/絶望した


日曜日

WORKING!!
放送済み13話[放送終了]
視聴局TOKYO MX
放送開始2010/4/4夜
(3/6 22:30第1話先行放送)
通常放送時間23:00
放送終了2010/6/27夜
評価「WORKING!!」の評価 1話~13話
最高:5、最低:3
全話平均:3.92308
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9[長] #10[長] #11 #12[長] #13
公式サイトhttp://www.wagnaria.com/
視聴前の期待度Medium ファミレスを舞台にしたドタバタコメディのようです。公式サイトのPVを見ても特に面白そうには思えないのですが、絵柄が好みなので、とりあえず様子見です。
First ImpressionMedium コメディなのは間違いないですが、第1話の段階では特にこれというものがありませんでした。決してつまらないわけではないので、とりあえず大きな期待はせず、のほほんと何も考えずに見るのが正解のようです。
Final ImpressionHigh パッと見は普通そうなのに、実は性格になにがしかの問題を抱えているキャラたちが絶妙の掛け合いを繰り広げてくれました。まひるの暴力性は本来であれば視聴を続けるのをためらってしまうほど強烈なものでしたが、それを補って余りあるほどに掛け合いが楽しかったです。第1話は可もなく不可もない感じだったので特に期待していなかったのに、続く第2話から印象が大きく変わって引き込まれてしまった作品でした。


B型H系
放送済み12話[放送終了]
視聴局tvk
放送開始2010/4/4深夜通常放送時間24:30
放送終了2010/6/20深夜
評価「B型H系」の評価 1話~12話
最高:4、最低:3
全話平均:3.08333
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12
公式サイトhttp://www.bgata-hkei.com/
視聴前の期待度Medium 公式サイトのイントロダクションを読む限りでは、エロがすべてって感じの作品です。でも『かのこん』や『おまもりひまり』のように「笑えるエロ」ならそれなりに楽しめるかもしれません。
First ImpressionMedium エッチのことしか頭にないけど、いざとなると臆病になってしまう山田のバカっぷりがなかなか笑えました。山田に目を付けられた小須田がただの奥手なダメ男ではなくて、チャンスがあれば自分から行動を起こすいたって普通の少年だったのも意外でした。この2人が今後どこまで極上のバカップルになってくれるのかが見ものです。
Final ImpressionMedium 山田の支離滅裂な性格と小須田のまったく嫌みがない普通の男子という性格がいい具合にバランスが取れていて、そこそこ笑えるストーリーになっていました。サブキャラをもう少し活かしてほしかったかなという気もしますが、エッチに興味津々の若い男女のドタバタラブコメとして特に悪くなかったと思います。


荒川アンダー ザ ブリッジ
放送済み13話[放送終了]
視聴局テレビ東京
放送開始2010/4/4深夜通常放送時間25:35
放送終了2010/6/27深夜
評価「荒川アンダー ザ ブリッジ」の評価 1話~13話
最高:4、最低:3
全話平均:3.15385
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13
公式サイトhttp://www.starchild.co.jp/special/arakawa_ub/
視聴前の期待度Medium 舞台設定(荒川の橋の下)が斬新。二人の主人公の性格設定はありがちかなとも思いますが、ちょっと大人のラブコメディ(?)を楽しめるかも。
First ImpressionMedium 大人のラブコメディ? 何それ? って感じで、普通にただのギャグアニメでした(^^; けっこう笑えたので視聴は続けますが、下(↓)の『閃光のナイトレイド』といいこの作品といい、今期作品の第1話では肩透かしをくらいまくってます。。。
Final ImpressionMedium 主人公のリクに魅力がなくて、話数を重ねるごとにつまらないキャラに思えてきました。個性的なサブキャラたちが脇を固めていたので毎回笑えたのは事実ですが、リクが芸のないお笑い芸人のように勢いだけで突っ込んでいるので、笑いが表面的で、心から楽しめなかったです。


月曜日

閃光のナイトレイド
放送済み13話[放送終了]
視聴局テレビ東京
放送開始2010/4/5深夜通常放送時間25:30
放送終了2010/6/28深夜
評価「閃光のナイトレイド」の評価 1話~13話
最高:3、最低:2
全話平均:2.84615
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13
公式サイトhttp://www.1931.tv/
視聴前の期待度High アニメノチカラ第2弾です。第1弾は何をやりたいのかよくわからない失敗作でしたが(これを書いている時点でまだ放送中だけど失敗作と言い切ってしまいます(^^;)、今度はなかなか面白そう。ロケハンもしっかり行なっているようだし、ストーリーとは別に上質の雰囲気も堪能できそうです。
First ImpressionMedium 事前に詳しい内容をチェックしていなくて、ただ漠然と、上海を舞台にスパイ物の渋いストーリーが展開するんだろうなと思っていたのですが、どうやら超能力機関の活躍を描いていくようです。構成的にも、シリーズを通して1本の骨太のストーリーが進行すると思っていたので、第1話の1話完結式エピソードのような作りは十分すぎるほど意外でした(^^; ロケハンの成果が出ていたかどうかは微妙なところですが、色彩設計はかなりいい感じで、雰囲気的には申し分なかったです。あとは今後のストーリー次第ですが・・・はてさて、どうなるでしょうか?
Final ImpressionLow 何を語りたいのかがいっこうに見えてこず、焦点が定まらない状態が終盤まで続いたので、ドラマとして楽しむことがそもそもできない状態でした。人物描写も不足していて、各キャラの動きに説得力がなく、さまざまな設定もまったく活かせていません。おそらく制作者の頭の中には細かい設定がこれでもかというほど詰まっていたのでしょうが、その設定を上手に脚本に反映してストーリーにまとめることができなかったのでしょう。アニメノチカラ第1弾に続き、第2弾も完全な失敗作でした。


火曜日

迷い猫オーバーラン!
放送済み13話[放送終了](13話は特別編(1~12話のダイジェスト映像とキャラクターコメンタリー)。本編の最終回は12話)
視聴局TOKYO MX
放送開始2010/4/6夜通常放送時間23:00
放送終了2010/6/29夜
評価「迷い猫オーバーラン!」の評価 1話~13話
最高:4、最低:2
全話平均:3.15385
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13
公式サイトhttp://www.patisserie-straycats.com/
視聴前の期待度Medium これはたぶん頭を空っぽにして観るコメディですね。もうすぐ放送開始なのに、公式サイトで監督が「交渉中」となっているのがよくわかりませんが(^^;
First ImpressionLow あえて良かった点を挙げるなら、アイキャッチの見せ方(本編映像が静止して作品ロゴ→作品ロゴが弾け飛んで本編映像が動きだす)が面白かったです。それ以外は・・・かなりビミョー。とりあえず、「猫」が本編にどのように絡んでくるのかがわかるまでは視聴してみます。そういえば、公式サイトの監督があいかわらず「交渉中」のままです。もしかしてこの作品には監督が何人かいて、まだ全話の制作が終わっていないから交渉中の監督もいるということでしょうか? それとも、監督たちのチーム名(?)が「交渉中」とか?(^^;
Final ImpressionMedium 監督が「交渉中」だった理由は、各エピソードごとに別の人が監督するシステムをとっていたからでした。「迷い猫」は比喩表現で、自分の居場所を探すメインキャラたちのことを意味していたようです。とりあえず、第2話の最後と第3話の始まりのシチュエーションに明らかな矛盾があったことからもわかるように、シリーズを通して一貫したストーリーを展開するよりも、各監督の持ち味を活かす作品作りを目指していたのだと思います。それがわかっていたので、本筋との関係が希薄な(とはいえ少しだけキャラの内面を見せてくれる)単発ギャグエピソードが抵抗なく楽しめました。というか、下手に湿っぽい本筋よりもそちらのほうが楽しかったです(^^; 1クールのアニメで各話監督制というのはかなり思い切った決断をしたと思いますが、なかなか面白い試みだったのではないでしょうか。


けいおん!!
放送済み26話[放送終了](25、26話は番外編。本編の最終回は24話)
視聴局TBS
放送開始2010/4/6深夜通常放送時間25:25(第1話は25:29)
放送終了2010/9/28深夜
評価「けいおん!!」の評価 1話~13話
「けいおん!!」の評価 14話~26話
最高:5、最低:2
全話平均:3.30769
1クール平均:3.23077
2クール平均:3.38462
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26
公式サイトhttp://www.tbs.co.jp/anime/k-on/
視聴前の期待度Medium シリーズ構成が吉田玲子さんということで1期と同じですが、どうなるでしょうか? 1期のように終盤でシリアス展開に持ち込むようなことをしなければそれなりに楽しめると思います。
First ImpressionMedium 笑いを程よく盛り込みながら、ちょっとホロッとする流れに持ち込む展開はなかなかよかったです。最初にざっと主要キャラの紹介を入れてくれたのも、1期を思い出す意味も含めて親切なつくりでした。1つだけ気になったのは色彩設計。担当は1期と同じ方のようですが、太陽光の表現が真夏の日中のようでかなり違和感がありました。1期の1話は普通に春の日差しを表現できていたので、どうしてこうなってしまったのか不思議です。
Final ImpressionHigh 卒業式という一大イベントがあったためしんみりした話もありましたが、基本はまったりのんびりした日常の繰り返し。必然的に人物描写がしっかりしていて、最後まで飽きることがなかったです。アニメーションとしての作りもとても丁寧で、2クールも続いたのに作画の崩れが皆無だったのは素晴らしいことだと思います。


水曜日

真・恋姫†無双~乙女大乱~
放送済み12話[放送終了]
視聴局チバテレビ
放送開始2010/4/7深夜通常放送時間26:30
放送終了2010/6/23深夜
評価「真・恋姫†無双~乙女大乱~」の評価 1話~12話
最高:4、最低:3
全話平均:3.58333
各話感想#1 #2 #3[長] #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12[長]
公式サイトhttp://www.mmv.co.jp/special/shinkoihime/
視聴前の期待度High 「乙女が大いに乱れる」続編です(^^; 1期も2期も予想外に楽しかったので、当然今期も視聴決定です。
First ImpressionHigh 第1話から期待以上の面白さでした。特にAパートラストのCM入り直前からのハジケっぷりは素晴らしかったです。また、次回予告の下品さもさらにパワーアップ(?)していました(^^; この調子で今後どこまで「乱れて」くれるのか楽しみです。それにしても、さすが元ネタが三国志というだけあって、オープニングやエンディングに出てくるキャラの多さに改めて驚かされました。最後にこのキャラたち全員が入り乱れてバカ騒ぎで大団円というのもアリかもしれません。
Final ImpressionHigh 最後は全キャラ登場(たぶん)で、すがすがしいハッピーエンドを迎えました。最初から最後まで大きなはずれ回というものがなかったのもよかったです。登場人物が多いのでどうしてもキャラ紹介的なエピソードが多くなってしまいましたが、それでもエピソード間のつながりがしっかりしていて、伏線の張り方もとてもうまかったです。本筋以外のさりげないエロ描写&セリフの数々も決して露骨なものではなく、本編に自然になじんでいました。とにかく脚本の練りこみが素晴らしかったと思います。


木曜日

四畳半神話大系
放送済み11話[放送終了]
視聴局フジテレビ
放送開始2010/4/22深夜通常放送時間24:45
放送終了2010/7/1深夜
評価「四畳半神話大系」の評価 1話~11話
最高:4、最低:3
全話平均:3.09091
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11
公式サイトhttp://noitamina.tv/yojouhan/
視聴前の期待度Medium これまたかなりクセのある動画になりそうです。さすがノイタミナ(^^; PVを観る限りでは内容自体は悪くなさそう。
First ImpressionMedium 開始早々「ア~ン♥」という声とともにエッチな地図が出てきたので、思わずGoogleマップで確認。そのまんまだったので笑ってしまいました(^^; それはともかく、映像のほうは全編にわたって手書きのように曲がった線が多用されていて、直線が少なかったです。それに加えて、要所要所に実写を組み込むなどかなり個性的でした。セリフ回しも第1話から主人公の語りが冴え渡っていて、独特の世界観を作り出すことに成功していました。ラストで主人公が“旅立った”ので、次回からは公式サイトに書かれていたとおり、4つの並行世界での青春奇譚が始まるようです。主人公自体はどんな運命をたどっても結局何も変わらなかった、というオチになりそうな気がしますが、不思議な雰囲気を漂わせる明石さんがどうからんでくるのかが気になるところです。ストーリー的にはまだこれからなので第1話の評価は3にしましたが、もしかするとかなり楽しめる作品になるかもしれません。
Final ImpressionMedium 「私」(ナレーション)役の浅沼晋太郎さんご苦労様でしたといった感じで、全編にわたって「私」のセリフ量が他のキャストを圧倒していました。特に第10話はキャストが「私」一人で、これまで見たアニメの中では初めて独話劇を楽しめました。シンプルな線による独特の映像表現は第1話から変わらず、こちらも面白かったです。ストーリー的には、さまざまな並行世界での「私」の生き方を「時間の巻き戻し」によって視聴者に見せた後に、ラスト2話で「私」自身を並行世界に迷い込ませて自らに最善の生き方を選ばせるというもの。もちろんこれは、数多くの並行世界の中の1つの可能性なので、ほかの並行世界の「私」は不遇な生き方をしているのですが、アニメで主役に抜擢された「私」はハッピーエンドを迎えたので、すがすがしい終わり方をしたように見えます。最後の最後で小津との立場の逆転が描かれたことも、ニヤリとさせられるうまい締め方だったと思います。


おおきく振りかぶって~夏の大会編~
放送済み13話[放送終了]
視聴局TBS
放送開始2010/4/1深夜通常放送時間25:25(第1話は25:39)
放送終了2010/6/24深夜
評価「おおきく振りかぶって~夏の大会編~」の評価 1話~13話
最高:4、最低:3
全話平均:3.30769
各話感想#1 #2[長] #3 #4 #5 #6 #7[長] #8 #9 #10 #11 #12 #13
公式サイトhttp://www.oofuri.com/
http://www.tbs.co.jp/anime/oofuri/
視聴前の期待度Very High 1期終了から2年半。待ちに待った2期です。
First ImpressionMedium 西浦メンバーの紹介は最小限で、1期を視聴済みなことが前提の第1話でした。今後に向けての仕込みがメインの無難なスタートといったところでしょうか。今期からは応援団にチアガールが加わるようです。さらに、元桐青野球部員だった仲沢呂佳というかなりクセのある新キャラが登場。美丞大狭山高校(びじょうだいさやまこうこう)のコーチだそうで、この高校が夏大会の強敵となりそうです。その前に西浦と対戦するのが崎玉高校でしょうか。この高校については第2話でそのすごさを見せてくれそう。面白さについては今後に期待ですが、とにかく早く続きを観たいと思わせてくれる出だしでした。
Final ImpressionMedium 残念ながら、試合の緊張感は1期に比べて落ちてしまいましたが、ドラマ作りの面ではそれなりに楽しめました。その反面、泉孝介の気合の入り方がとても不自然でその理由が不明なままだったり、チアガールの誕生に尺を割いたわりにはその後は完全に表舞台から消えてしまったりと、キャラの扱いに関して始終違和感がありました。仲沢呂佳の暗躍(?)にしても、3期があるとすればそこにつながっていくのかもしれませんが、それがあるのかどうかわからない中で、かなり投げっぱなしな伏線の張り方をしているように思えました。三橋と阿部の関係の変化についてはうまく描かれていたので、その点については良かったと思います。


金曜日

Angel Beats!
放送済み13話[放送終了]
視聴局TBS
放送開始2010/4/2深夜通常放送時間26:25(第1話は26:30)
放送終了2010/6/25深夜
評価「Angel Beats!」の評価 1話~13話
最高:4、最低:2
全話平均:3.07692
各話感想#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13
公式サイトhttp://www.angelbeats.jp/
視聴前の期待度Medium 情報が少なすぎてよくわかりませんが、面白そうな雰囲気は漂ってきます。
First ImpressionMedium 死んだ後、生まれ変わる前に一時的に滞在する世界を舞台にした物語のようです。ここである一定の条件を満たせば「消えて(成仏して)」生まれ変われるようです。ただしそれが本当なのかどうかは分かりません。メインキャラたち自身も詳しいことはわかっていないようですが、そのシステムを壊して、この一時滞在世界を乗っ取ろうとしています。細かい点がかなりぼかされているので、ストーリー的には大きなどんでん返しを期待できるかもしれません。画的には、まだ第1話なのに作画の出来不出来の落差が大きかったのがちょっと気になりました。
Final ImpressionMedium シリーズ前半は必要以上に冗長で、後半にしわ寄せが来てしまいました。かなり駆け足気味にまとめていたように思います。設定的には面白そうなのに、視聴者を泣かせようとする意図が先行しすぎて、肝心のストーリー展開がおざなりになっていたのが残念です。


土曜日

薄桜鬼
放送済み12話[放送終了]
視聴局tvk
放送開始2010/4/3深夜通常放送時間24:30
放送終了2010/6/19深夜
評価「薄桜鬼」の評価 1話~12話
最高:4、最低:3
全話平均:3.83333
各話感想#1[長] #2[長] #3[長] #4[長] #5[長] #6[長] #7[長] #8[長] #9[長] #10 #11[長] #12[長]
公式サイトhttp://www.geneonuniversal.jp/rondorobe/anime/hakuoki/
視聴前の期待度Low 視聴するかどうか最後まで迷いましたが、土曜日はほかに観る作品がないので、とりあえずリストに追加しました。
First ImpressionHigh 新選組が公にできない裏の顔を持っていることがにおわされ、彼らと関わることになってしまった主人公・雪村千鶴がどういう運命を辿るのかが気になるいい出だしでした。当初の期待度の低さに反して、第1話の印象はかなり良かったです。
Final ImpressionHigh ドラマ作りと緊張感の演出がうまくて、最初から最後まで本当に楽しめました。未解決の問題を多く残したまま2期へ続くことになってしまいましたが、新選組(旧来の武士)の在り方を大きく変えていかなければならないことを登場人物たちにしっかり認識させたところで終わったので、区切りとしては悪くなかったと思います。



残念ながら視聴を見送った作品

いちばんうしろの大魔王
一騎当千XX(XTREME XECUTOR)
裏切りは僕の名前を知っている
会長はメイド様!
kiss×sis(キスシス)
さらい屋 五葉
ジャイアントキリング
RAINBOW 二舎六房の七人
posted by animisc at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴アニメ一覧 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック