2010年11月29日

あくまで個人的なDVD管理術

これまでに購入したDVDは900枚を超え、保管場所にも苦労するくらいになっています。
こうなってしまうと、ふと思いついたときに、購入したはずのDVDを見つけ出すのは至難の業。
ということで、DVDはすべてリッピングしてHDに保管しています。
もちろんほかの人に譲渡したり、中古品として販売した場合はデータを消去するというのが前提です。

基本はデータベースで管理して、各ディスクのアイコン(ショートカット)も作成。ブックレット等もデジカメで撮影して、実物を探さなくても本編の視聴とパッケージの概要を確認できるようにしています。

<管理データベース>
Movie DB
データベースの原型はアニメを見始める前に映画を想定して作成したので、「絵コンテ」を入力できません(面倒なので修正していない(^^;)。

<ショートカット>
Disc Icons
ダブルクリックで再生できます。

Disc Icons 256
アイコンは256×256まで拡大可能

<各ディスクのフォルダー>
Package Folder
パッケージの概要を確認できます。

いまだにDVDを購入してBlu-rayに移行できない理由の一つがここにあったりします。
Blu-rayは容量が大きいのでリッピングするのは現実的ではないし(そもそもリッピングできるかどうかもわからないし)、枚数が増えたら管理しきれません。
個人的には画質へのこだわりはそれほど強くないのでDVDで十分かなと。

ちなみに、これには次のソフトウェアを使用しています。
DVD Decrypter(リッピング)
(たまにDVD DecrypterでリッピングできないDVDがあるので、その場合はDVDFabでファイル化してImgBurnでISOイメージに変換しています。)
Fireworks(デジカメ画像加工)
Microsoft Access(データベース)
@icon変換(アイコン作成[Windows XP用])
IconFX(アイコン作成[Windows 7用])
DAEMON Tools Lite(ISOイメージマウント)
posted by animisc at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック