2006年10月28日

今週の一本(2006/10/22~10/28)―『コードギアス 反逆のルルーシュ』第4話

今回は、ブリタニア軍内部の急進派の策略により無実の罪を着せられたスザクを救出する話です。
スザクが法廷に護送される途中、ルルーシュとカレンが武器も持たずにブリタニア軍の只中に乗り込んでいくわけですが、普通に考えれば無駄死にするのは明らかです。前回ルルーシュに助けられた経緯があるとはいえ、絶対的な服従を誓っているのでもなければ、ここまで無謀な行動は取れないと思うのですが。。。カレンのこの行動に深い意味はあるのでしょうか?(一度ギアスの影響を受けた人には何らかの「後遺症」が残るとか?)
もう一人、レジスタンスのリーダー扇さんもルルーシュに従いましたが、この人は後方待機ということなので、その行動も理解の範囲内かな。とりあえずルルーシュの可能性に賭けたというところでしょうか。

ルルーシュとスザクが別の道を進むというのは、ある意味お約束の展開ですね。

そして、最後にC.C.が再登場。この人は殺されたはずでは?それとも同型の2号でしょうか。まぁ、どちらにしても、あんな所に出没した理由は何なのか。。。その理由が気になります。

この作品、知性と大胆さと決意を兼ね備えた少年「ルルーシュ」と、「ギアス」という(よくわからない)究極の兵器を核に、ありえないストーリーをけれんみたっぷりに描いています。
今後もさらに「けれんみ」満載で突き進んで欲しいですね。これがなくなったら、ただの「ありえない話」で、面白くないですから(^^;

コードギアス 反逆のルルーシュ 2 [DVD]
コードギアス 反逆のルルーシュ 2 [DVD]

公式サイト
http://www.geass.jp/

コードギアス 反逆のルルーシュ 第4話
その 名 は ゼロ

演出
三宅和男

脚本
大河内一楼

キャスト
ルルーシュ   福山潤
スザク     櫻井孝宏
ナナリー    名塚佳織
シャーリー   折笠富美子
リヴァル    杉山紀彰
扇       真殿光昭
カレン     小清水亜美
玉城      田中一成
吉田      蓮池龍三
ジェレミア   成田剣
ヴィレッタ   渡辺明乃
キューエル   加瀬康之
ディートハルト 中田譲治
ロイド     白鳥哲
セシル     井上喜久子
藤堂      高田裕司
草壁      天田益男
少将      小山武宏
通信兵     菅原淳一
店主      巻島直樹
校長      木村雅史
アナウンス   新井里美
案内嬢     本多陽子
ナレーション  ゆかな
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

コードギアス反逆のルルーシュstage4「その名はゼロ」(ロングレビュー前編)
Excerpt: いや、やっぱりコードギアスは面白い! 第4話になってもその面白さは維持し続けています(これはホントに凄い) で、サンライズアニメにあってロボット(ナイトメア・フレーム)が出るのにそのロボットは添え..
Weblog: A-MIX
Tracked: 2006-10-29 23:25