2006年12月24日

今週の一本(2006/12/18~12/24)―『くじびきアンバランス』第12話

さてさて、くじアンも今回が最終回となってしまいましたが、けっきょく香澄がどういう「化け物」なのか、いまいち良くわかりませんでした(^^;

律子「あなたは確かに(私を)切り伏せた。あなたはもう私に頼らずともよい」
香澄「ひどい人です。謝罪の言葉は口にしないでください。どうか・・・」

これは、律子が香澄の元を訪れて真剣での勝負を挑んだときの二人のやりとりです。これだけを聞いても、二人の間に深い事情があることは間違いないと思うのですが、その事情が語られることはありませんでした。
如月家は神社だそうですが、ただの神社というわけではなく、それ以上に何か深い裏がありそうです。

物語の結末としては、千尋たち新生徒会候補の面々が正式に生徒会役員に就任したところで幕引きとなりました。律子が突然の留学ということで、律子、時乃、千尋の三角関係のほうは未決着。

全12話では語りつくせない部分がたくさんあり、謎もたくさん残されたままです。でも、そうかといってストーリーが破綻していたわけではありません。それどころか、個人的には今期放送されたアニメの中で一番の出来だったと思います。できれば続きが観てみたいですね。

そうそう、最終的に、サブタイトルのくじの合計は51点でした。

くじびきアンバランス DVD-BOX  3くじびき■アンバランス Vol.6 [DVD]
くじびきアンバランス DVD-BOX 3くじびき■アンバランス Vol.6 [DVD]


公式サイト
http://www.kujian.info/

くじびきアンバランス 第12話
ゆめをかなえてみよう。9点○

演出
水島努

脚本
横手美智子

キャスト
榎本千尋          瀧本富士子
秋山時乃          野中藍
律子・K・ケッテンクラート  小清水亜美
上石神井蓮子        西原久美子
朝霧小雪          こじまかずこ
如月香澄          ゆかな
リサ・ハンビー       高木礼子
山田薫子          後藤邑子
朝霧小牧          倉田雅世
橘いづみ          中尾衣里
六原麦男          浅沼晋太郎
榎本忍           笹本優子
鏑木有也          川田紳司
posted by animisc at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | くじびきアンバランス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック