2007年02月10日

今週の一本(2007/2/4~2/10)―『ゴーストハント』第18話

今回は、これまでで一番おどろおどろしいアヴァンタイトルでスタートしました。霊がらみではなく、人間の悪意に基づくおどろおどろしさなので、怖いというよりもなんか嫌な感じです。
で、その直後に出てきたのが「所長」の安原君。この人、本当にレギュラー入りしたみたいです(^^;

さらにその後、ナルのことを「この子」呼ばわりする森まどかという女性も登場。
ナルにゴーストハントを伝授した師匠とのことですが、この人も安原君に負けず劣らずノリの軽い人ですね。しかも師匠というにはやけに若い(^^) どういう人なのかちょっと気になります。

今回はこれ以外にも、麻衣の境遇やリンさんの本名なども明らかになりました。麻衣の境遇は、不登校の理由を説明するためだけの後付設定にも思えますが、さらに何か伏線が隠されているのでしょうか?

さて、本題となる今回の依頼は、長らく空き家になっていた屋敷で人が消え、幽霊が出るという噂もあるため、屋敷の持ち主(元総理大臣)が代理人を通して様々な霊能者に事件解決を依頼してきたというものです。

この屋敷に立ち入った麻衣は、さっそく何かを感じますが、このときはもちろん眠っていません。麻衣の能力(?)は徐々に強くなってきているのでしょうか。最終回あたりでは完全に覚醒してすごいことに。。。ってことはないか(^^;

上で「様々な霊能者」と書いたとおり、今回はSPRに関係しない霊能者も何人か出てきました。

(1)オトワ大学の五十嵐教授と助手の鈴木直子
(2)南心霊調査会所長の南麗明と所員のアツギヒデオ、オブザーバーの英国心霊調査協会オリバー・デイビス博士(この人は「放課後の呪者」でちらりと話に出てきた人ですね。そのときとは若干シルエットが違うようですが、まさか別人ってことは。。。)
(3)そしてSPRのいつものメンバー(真砂子はSPRとは別ルートで依頼を受けたようですが、SPRと一緒に行動しているようです)

ストーリーのほうは、#1ということで、背景説明や人物紹介、安原君のおとぼけ(^^;)をまじえて淡々と進んでいきます。
そして最後に今回のクライマックス。五十嵐さんが催す降霊会へと突入します。
降霊会は成功し、助手に霊が憑依して、おもむろに黒マジックで紙に文字を書き出します。その内容はすべて「助けて」。
でも、1枚だけ「死ニタクナイ」というのが混じっています。しかも赤字(血?)で!

この作品、ストーリーは面白いんだけど、毎回30分(実質約20分)で、続きはまた来週となるのがなんともじれったい感じ。録画したものを後でまとめてみたほうがいいのかな?

ゴーストハント FILE7「血塗られた迷宮」上巻 [DVD]
ゴーストハント FILE7「血塗られた迷宮」上巻 [DVD]

公式サイト
http://www.ghosthunt.jp/
http://ani.tv/ghosthunt/ (テレビ東京・あにてれ)
http://www.avexmovie.jp/lineup/ghosthunt/ (avex)

ゴーストハント 第18話
FILE 7 「血ぬられた迷宮」 #1

演出
矢花馨

脚本
國澤真理子

キャスト
谷山麻衣    名塚佳織
渋谷一也    泰勇気
林興徐     成田剣
滝川法生    浜田賢二
松崎綾子    鈴木真仁
原真砂子    釘宮理恵
ジョン・ブラウン 岡本信彦
安原修     岡野浩介
まどか     南央美
大橋      櫛田泰道
南麗明     西村知道
五十嵐     滝沢久美子
鈴木直子    西野陽子
男       矢部雅史
posted by animisc at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴーストハント | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック