2007年11月18日

今週後半の一本 その2(2007/11/15~11/17)―『ef - a tale of memories.』第7話

これまでのエピソードでも十分すぎるほど演出が際立っていましたが、今回は特にすごかったです。
Bパート、みやこの心理状態を文字と声だけで表現しきっていました。
よくここまで割り切ったなぁという感じ。
結果は大成功ではないでしょうか。

で、今回の内容ですが。。。

まずはAパート。
千尋と蓮治は図書館で、小説に挿入するエピソードを考えています。
今回は狼煙のエピソード。
たぶんこういう短い話をいくつもつなげて一つの作品に仕上げるつもりなのでしょう。
結末をどうするかはまだ決まっていないようです。
いくつもの素材をつなげて最終作品を作るという手法は京介と同じですね。
13時間という壁がある以上、こういうやり方になるのはある意味必然ともいえますが。

それをサポートするのが蓮治。
千尋に感想を聞かれて、狼煙の煙に顔を突っ込んでしまう女の子がかわいいと答えます。
ところが千尋は、それは違うと言う。
読者がこの女の子をかわいいと思ってしまっては作品としては失敗だと。

この言葉に蓮治はちょっと驚いた様子。
この後、何もない黒い背景にかぶる蓮治の「ふぅーん」という一言が彼の心境(違和感)を表しています。

ここから蓮治の違和感が加速します。

翌日。図書館。
蓮治が小説を書く千尋を見つめたまま自分の進路について考えていると、それに気付いた彼女が蓮治にどうしたのか尋ねる。
蓮治は進路希望を考えていたと答えますが、千尋の反応は「そうなんですか」
以前、音羽駅でこれと同じやり取りがあって、千尋の反応はそのときとまったく同じ。

さらにその翌日。図書館。
小説の結末が決まっていないという千尋に対して、蓮治が2つの案を出し、その解釈についても少し触れます。
千尋はその解釈がしっくりこないようで、蓮治にさらに説明を求めます。
実は二人は以前にも何度もこの結末について話し合っていて、この後の蓮治の説明は以前千尋がしたものと同じでした。

蓮治は、千尋が小説を書くのをサポートするという目的は果たしているものの、得られる結果はもともとすべて千尋が考え出したもの。

でも千尋は、蓮治のアイデアのおかげで小説が進んでいると感じて彼に感謝します。
「僕は何もしてないよ。自分はこんなに何もできなかったんだってヘコんでるんだから」

自分の進路が決まらない蓮治。
小説家になることも少しは考えているはずですが、実際に小説を書くという作業に関わってみると自分は何もできずに千尋の才能をなぞっているだけ。
蓮治はその言葉どおりかなり落ち込んでいるようです。
そして、千尋と一緒にいることも辛くなってきている様子。

海岸で千尋に絶対の信頼を示されてキスしてもいいと言われる蓮治。
でも何かが違う。
才能は千尋のほうが上。
でも、違和感の素はそれではない。
千尋の人間らしくない反応がそう思わせているのか?
そんな彼の心に、「ソレハ、カミサマガイジッテイルカラデスヨ」という千尋の声が響きます。
それは違うと強く否定する彼。
千尋が書いている小説の主人公は千尋自身を投影したものだと思いますが、その主人公のことを千尋は神様だと言っています。
蓮治は心の奥で、自分が千尋の手のひらで踊らされていると感じ始めているのかもしれません。


さてさて、ここから問題のBパートです。

まずは、みやこの家庭は彼女が幼い頃に崩壊してしまったことが明かされます。
両親ともに家を離れてしまい、彼女は今、音も色も消えてしまった家に一人で暮らしています。
そしていつのまにか、両親の心からは彼女の存在すら消えてしまった。

そんな彼女が出会った理想の人・理想の居場所。
それが紘。
彼との時間を過ごすうち、みやこの心に徐々に色が戻ってきます。

そんな彼の心から消されることが怖くて約束したデート。
でも待ち合わせ場所に紘は来ない。

冗談交じりで何度か紘の携帯にメッセージを残すみやこ。
そんなことを繰り返すうち、景の言葉が甦ります。
紘の心からあなたの存在を消してみせるという言葉が。

誰かの心から消されることを恐れるみやこ。
ここからは、彼女が紘の携帯に残した留守電の内容が文字と声だけで綴られていきます。
ときには強く、ときには優しく、そしてまたときには涙交じりで。
彼女の不安定な心理状況がこれでもかといわんばかりに突きつけられる感じです。

そして駄目押しのCパート。
景が紘の携帯に残された履歴に気付き、全消去。

怖いというよりも悲しくなってしまいました。
日曜の朝からちょっと強烈過ぎです(^^;
でも素晴らしい。

次回は「clear colour」。
これが2語で名詞なら、清色という意味のようで、みやこと紘の関係はこれまでどおりということを暗示します。
でもclearが動詞なら、みやこの心から再び色が消えてしまうということで。。。
いずれにしても次回が待ち遠しいです。

ef - a tale of memories.4 [DVD]
ef - a tale of memories.4 [DVD]

公式サイト
http://www.ef-memo.com/

ef - a tale of memories. 第7話
I...

演出
大沼心

脚本
高山カツヒコ

キャスト
宮村みやこ    田口宏子
新藤景      岡田純子
広野紘      下野紘
新藤千尋     やなせなつみ
麻生蓮治     高城元気
麻生すみれ    あおきさやか
予告ナレーション 浜田賢二

今週のパスワード(公式サイトの手帳をクリック)
VAIZ
「楽勝、楽勝~♪ 次週も録画忘れないでねっ!」(by みやこ)
この本編との落差がたまりません(^^;
posted by animisc at 13:08| Comment(2) | TrackBack(18) | ef - a tale of memories. | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見させて頂いております。
今回のefのパス、『VAIZ』だったんですね。
私は『VAIC』と勘違いしていたので
悪戦苦闘しました(^^;
Posted by コージー at 2007年11月18日 16:45
コージーさん、コメントありがとうございます。
確かに「C」にも見えますね。
自分は最初「乙」かと思いました(^^
このブログは妄想過多で的外れなことを書いていることが多いと思いますが、今後ともよろしくお願いします。
Posted by アニミスク at 2007年11月18日 17:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

ef - a tale of memories. 第7話「 I... 」
Excerpt: ひとりの少女は、世界からズレていて、少女にとって世界は虚構であった。 ひとりの少女は、ただ居場所を望み、存在が消去されるのを恐れた。 千尋のズレに戸惑を見せる蓮治。それが千尋を傷つける…。 紘を..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2007-11-18 14:45

ef - a tale of memories. 第07話「I...」
Excerpt: ef - a tale of memories. 第07話「I...」 の感想です 【SEO対策 キャプ画 レビュー 千尋 紘 みやこ 蓮治】
Weblog: アニメすく~る
Tracked: 2007-11-18 15:51

ef - a tale of memories. 第7話「I...」
Excerpt: ef - a tale of memories. 第7話「I...」
Weblog: 恋華(れんか)
Tracked: 2007-11-18 18:29

ef - a tale of memories 第7話 『 I... 』  感想
Excerpt:  ― ef - a tale of memories ―  忘れたくない思い、ありますか ・ ・ ・ ・  今期のアニメでも、この作品は自分の中ではかなり評価高いです!感想書きにくそう..
Weblog: 荒野の出来事
Tracked: 2007-11-18 20:33

ef - a tale of memories. 第07話 「I...」
Excerpt: 嗚呼、みやみや…。 Cパート、先週の誓いどおりに『消去』する景。 まさに修羅場―――。
Weblog: 神奈川辺境交通(かなへん)
Tracked: 2007-11-18 21:17

ef-ataleofmemories.第07話「I...」感想
Excerpt: ef.これはおもしろくなってきました。今回は着信99件の後・・・。どうなる??[枚数限定][限定版]ef-ataleofmemories.1〈初回限定版〉/アニメーション[DVD]早速感想。どちらのス..
Weblog: 物書きチャリダー日記
Tracked: 2007-11-18 22:20

ef - a tale of memories.7話
Excerpt: 鬱展開。
Weblog: Dream of hetare the world 跡地
Tracked: 2007-11-19 00:49

ef-a tale of memories.第7話『I...』
Excerpt: 色や、文字、音での登場人物の感情を表現するのが、 すごく上手いですね。 みやこの感情が、苦しいほどに伝わってきます。
Weblog: アニメ好きのケロポ
Tracked: 2007-11-19 04:05

ef - a tale of memories. 第7話
Excerpt: 今回は千尋と蓮治が小説の結末を考え、みやこが紘にひたすら電話をしていたお話。 いよいよ凄い展開になってきた感じ、両パートとも最後が怖すぎます。 後半はまさかほとんどあれだけで終わってしまうとは思い..
Weblog: パズライズ日記
Tracked: 2007-11-21 07:44

アニメ「ef - a tale of memories.」第7話。
Excerpt: 第7話「I...」 図書室で、机に大量の本を積み上げながら執筆を続けている千尋。 進行状況としては全体の3割。その部分までを読んだ蓮治は、女の子が可愛いと言う感想を述べるが、それを聞いた千尋は..
Weblog: ぎんいろ。
Tracked: 2007-11-21 16:19

ef - a tale of memories   第7話 「 I.... 」
Excerpt: JUGEMテーマ:漫画/アニメ  Aパートは蓮治、千尋のお話。  千尋の小説は3割くらまで進んでいた。  図書館で資料も手に入り、物語はちゃくちゃくと進んでいっている。  出来つつ..
Weblog: 独り言の日記
Tracked: 2007-11-21 20:07

ef - a tale of memories. 第7話 「I...」
Excerpt: ef - a tale of memories. 第7話 「I...」 見ました 女の子は世界に一人、だから彼女は神様だ 物心がついたときにはそこにいた、他には誰もいなかった 何もす..
Weblog: れ~な♪の日記
Tracked: 2007-11-22 01:01

ef - a tale of memories. 第7話
Excerpt: 第7話『I...』 今回は、どちらも大変なことになっていますね・・・ 一見、蓮冶と千尋は順調なような気もしたんですがね・・・ 小説も順調だったのに・・・ キスのことで、一気に崩れてしまいました。..
Weblog: ニコパクブログ1号館
Tracked: 2007-11-22 02:03

ef - a tale of memories. 第7話 「 I... 」
Excerpt: ○第7話スタッフ 脚本 高山カツヒコ 絵コンテ・演出 大沼 心 作画監督 潮月一也・玉木慎吾 大沼さん、あなたは一体どこまで行ってしまうんだ・・・ その「魅せる」映像に...
Weblog: かがみのひだまり日誌
Tracked: 2007-11-23 15:40

ef - a tale of memories. 第7話「 I... 」
Excerpt: みやこ、落ち着いて~(;´Д`)
Weblog: 空色☆きゃんでぃ
Tracked: 2007-11-24 11:03

ef - a tale of memories
Excerpt: 【ef - a tale of memoriesの感想リンク集です】 記事の更新頻度はその感想・批評サイトによって異なります。一般には、ef - a tale of memories最新回放送後、当..
Weblog: アニメ・漫画感想 Animpress
Tracked: 2007-11-26 00:28

I…
Excerpt: 『ef-a tale of memories.』07.【I…】  女の子は世界にひとり。  だから彼女は神様だ。  物心がついた時にはそこにいた。  他には誰もいなかっ..
Weblog: 詩稀の記録書庫
Tracked: 2007-11-27 14:27

ef~a tale of memories. 07. 「I...」
Excerpt: 宮村みやこの家庭は、崩壊していたのね。色のない世界。音がない世界。留守電の声が、虚しいです。どんどん留守電の内容が崩壊していく宮村みやこ。
Weblog: ゼロから
Tracked: 2008-08-19 23:58